石央森林組合
石央森林組合 経営理念
●林業収益の山元還元 ●豊かな森林への創造 ●地域社会への貢献

管内概況

石央森林組合管内
 石央森林組合の管轄地域は島根県西部に位置し、浜田市、(平成17年10月1日合併浜田市・金城町・旭町・弥栄村・三隅町)1市を区域とし、東は江津市・邑智郡、南は中国山地を境として広島県に、西は益田市に接し、北は日本海に面しています。管内総面積約69千haは県全体の約11%であり、総面積に対し、森林が75%を占めています。また、耕地面積はわずか3%にすぎません。気候は、平坦部は比較的温暖で年平均気温15℃、年降水量約1,700mmです。山間地では、それぞれ12℃、2,300mmであり、夏期は比較的涼しいです。

組合事業実績(平成23年度)

■事業実績 事業収入 530,514千円  
  指導部門 24千円  
  販売部門 69.583千円  
  加工部門 7,219千円  
  森林整備部門 453,418千円  
■林産事業 原木出荷量 間伐 3,700㎥  
■森林造成事業 造林・保育 1,000ha  
作業道・搬出道開設
8,000m
■その他事業 病害虫防除・地籍調査・不要木処理・除草作業・公園管理・各種施設管理・山林測量毎木調査・緊急雇用対策事業等 ・木材販売・林業資材販売

森林経営委託について(PDF)